お役立ち情報ナビ

日常生活を快適に送るためのお役立ち情報やアドバイスを配信中!

全国新作花火競技大会2017日程と有料席や穴場スポット3選

      2017/06/05

全国新作花火競技大会は諏訪湖花火大会と同様、

長野県諏訪市を代表する二大花火大会の一つです。

競技大会には全国から選ばれた煙火師が集まるので

とても人気が高い大会です。

今回は

全国新作花火競技大会2017の日程や見どころ、

駐車場や有料席の情報や穴場スポットを紹介していきます。

スポンサーリンク

全国新作花火競技大会2017の日程や詳細情報


全国新作花火競技大会2017の日程などの詳細情報を紹介します。

・打上げ数
約1万8000発

・例年の人出
約30万人

・開催日時
2017年9月2日(土)19:00~20:30
※雨天の場合でも決行

・打上げ場所
長野県諏訪市 / 諏訪市上諏訪温泉諏訪湖畔

周辺地図になります。

・アクセス
JR上諏訪駅から徒歩8分
中央道諏訪ICから車で15分

・駐車場
ヨットハーバー
駐車台数:1,100台
駐車料金:普通車・軽自動車3,000円、オートバイ1,000円

県合同庁舎
駐車台数:300台
駐車料金:無料

城南小学校校庭・市役所
駐車台数:400台
駐車料金:無料

駐車場は1800台ありますが、

全国新作花火競技大会の人出は約30万人ですので

すぐに駐車場は満車になります。

できれば朝に到着して駐車場が開くのを待つ方がいいでしょう。

お昼をすぎますと駐車することすらできない恐れがありますので

早めに行くことをおすすめします。

・見どころ

全国新作花火競技大会では

全国から選ばれた煙火師による花火が

メッセージや音楽といっしょになって打上げられます。

全国精鋭の煙火師によって創意工夫された花火は

クオリティがとても高く、全てが見どころですね!

また、諏訪湖の水上スターマイン

とても美しく色鮮やかに輝きますのでお見逃しなく。

全国新作花火競技大会の有料席の情報


毎年、全国新作花火競技大会では有料席のチケットが販売されます。

そこで、ここでは

全国新作花火競技大会の有料席の情報を紹介していきます。

■ 有料席の販売開始日
2017年7月5日(水)10:00からになります。
※売り切れ次第終了です。

■ 有料席の種類
大人1名3,000円(中学生以上)
子供1名1,500円(3歳以上、小学生以下)

石彫公園内の有料自由席になっておりますので、
より良い場所を確保するためには、早めに行くことをおすすめします。

自由席なら無料の場所とそんなに変わらないのではと思っているあなた、
有料自由席の方が良いですよ。有料自由席の外はとても混雑しますから。

■ 申込方法
ローソンチケットにて申込み受付ができます。
申込む際は「Lコード」が必要になります。
※Lコード:39902

・店舗購入
ローソン、ミニストップにて店内の「Loppi」を利用

・電話予約
0570-084-003(自動音声/24時間対応)
0570-000-777(オペレーター/10:00~20:00)

・インターネット予約
ローソンチケットのホームページにて予約

有料席のチケットは売り切れ次第終了ですので

希望する場合は、早めに申込みすることをおすすめします。

スポンサーリンク

全国新作花火競技大会の穴場スポットは?


花火鑑賞するなら有料席が一番ですが、

有料席のチケットを確保できない場合もありますよね。

そこで、ここでは

全国新作花火競技大会の穴場スポットを紹介していきます。

立石公園

周辺地図になります。

・アクセス
JR上諏訪駅から車で15分

立石公園は綺麗に花火を見ることができる穴場スポットです。

また、立石公園からの夜景と花火はとても美しく絶景です。

雰囲気も良くカップルにはおすすめです。

イオン諏訪店周辺

周辺地図になります。

・アクセス
JR下諏訪駅から徒歩8分

花火会場から少し離れていますが

綺麗に花火を見ることができる穴場スポットです。

イオンは商業施設なので、食べ物や飲み物を即座に購入できますし、

トイレもありますので安心です。

諏訪湖ヨットハーバー

周辺地図になります。

・アクセス
JR上諏訪駅から徒歩15分

ヨットハーバーは花火会場から近く

迫力ある花火を見ることができる穴場スポットです。

また、花火会場の駐車場になっておりますので、

車で行く場合は、早めに行くと駐車することができます。

まとめ


今回は

全国新作花火競技大会2017の日程や見どころ、

駐車場や有料席の情報や穴場スポットを紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

全国新作花火競技大会では

創意工夫された花火がたくさん打ち上がります。

また、お祭り気分も味わえます。

ぜひ、全国新作花火競技大会を楽しんでくださいね。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 - 花火大会

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

大曲花火大会2017の桟敷席の予約方法は?値段や持ち物は?

大曲花火大会は 1910年から続いている 伝統ある花火大会なんです! 1910年 …

長良川花火大会2018日程と駐車場やシャトルバスや穴場5選

長良川花火大会は 岐阜県岐阜市を流れる長良川で 2週連続にわたって開催される花火 …

金沢まつり花火大会の屋台や穴場スポット3選!2018の日程は?

金沢まつり花火大会は神奈川県横浜市で開催され、 観光スポットである八景島や野島公 …

淀川花火大会2017の日程と有料席や見どころや穴場スポット

淀川花火大会は大阪の夏の風物詩です! 平成元年に市民のボランティアによって 開催 …

釈迦堂川花火大会の有料観覧席と穴場3選!2018の日程は?

釈迦堂川花火大会は福島県須賀川市で開催され 毎年の人出も多く福島県の中でも最大級 …

よこすか開国祭花火大会2018有料席や穴場3選!日程や見どころも

よこすか開国祭花火大会は毎年多くの人出があり人気が高く、 よこすか開国祭のフィナ …

宇都宮花火大会2018有料席や穴場スポット3選を紹介

宇都宮花火大会は 栃木県宇都宮市で開催され、 その運営の中心はボランティア団体と …

鎌倉花火大会2017の日程と屋台情報やおすすめスポット3選

※2017年の鎌倉花火大会ですが中止になることが決定しました。 鎌倉花火大会は …

琵琶湖花火大会2017日程と観覧席や穴場スポットや見えるホテル

琵琶湖花火大会は琵琶湖の風物詩です。 例年、約35万人の人出があり、 関西でも人 …

大曲花火大会2017の日程と見どころや穴場スポット3選

大曲花火大会は 全国の優れた花火師が秋田県の大仙市に集まり 己の技を競い合う場所 …