お役立ち情報ナビ

日常生活を快適に送るためのお役立ち情報やアドバイスを配信中!

常総きぬ川花火大会2017日程と有料席や屋台情報や穴場スポット

      2017/06/04

常総きぬ川花火大会は

2010年にテレビ朝日のスマステーションの

「全国人気花火大会ベスト15」におきまして

第8位として紹介された花火大会です。

そんな

常総きぬ川花火大会の日程と屋台情報、

有料席や見どころや穴場スポットを紹介していきます。

スポンサーリンク

常総きぬ川花火大会2017の日程は?


常総きぬ川花火大会の日程などの詳細情報を紹介します。

・打上げ数
約1万発

・例年の人出
約13万人

・開催日時
2017年8月11日(金)18:45~20:40

荒天の場合は2017年8月12日(土)に延期されます。

・打上げ場所
茨城県常総市 / 鬼怒川河畔、橋本運動公園

周辺地図になります。

・アクセス
関東鉄道水海道駅から徒歩15分
常磐道谷和原ICから車で10分

・駐車場
会場周辺には無料駐車場が2200台あります。
河川敷臨時駐車場は1台1,000円になります。

・見どころ

常総きぬ川花火大の見どころになりますが

まずは、オープニングのナイアガラ富士になります。

迫力があり、とても綺麗です!

それから

ファイヤーアートコンテストも見どころの一つです。

15名の日本煙火芸術協会会員による8号玉創作花火競技会になります。

その他にも

メッセージ花火の打上げなどがあります。

そして

日本を代表する花火師3人の作品

「花火ミュージアム~至高の世界・美の巨人たち~」

一番の見どころになります!

常総きぬ川花火大会の有料席情報は?


毎年、常総きぬ川花火大会では有料席のチケットが販売されます。

有料席から観覧する花火はとても迫力がありますし、

くつろぎながら花火を楽しめますのでおすすめです。

■ 販売開始日
・2017年6月18日(日)9:00~

■ 有料席の種類
・プレミアムシート
料金:11,000円
定員:2名
席数:182席

・マス席
料金:10,000円
定員:5名
席数:1630席

・ペア席
料金:5,000円
定員:2名
席数:105席

・椅子席
料金:3,000円
定員:1名
席数:600席

■ 申込み方法
2017年6月18日(日)9:00~12:00の間は
常総市役所で申込み受付をすることができます。

2017年6月19日(月)以降はホームページの申込みフォームか
電話にて申込むことができます。

有料席のチケットは満席になり次第販売終了となりますので、
必要な方は早めに申し込むことをおすすめします。

では次に

常総きぬ川花火大会の屋台情報について紹介していきます。

スポンサーリンク

常総きぬ川花火大会の屋台情報は?


花火大会の楽しみの一つは屋台ですよね。

屋台は鬼怒川河川敷の土手の上にて出店されます。

協賛者観覧エリア内には

地元商店の出店があり、お得な商品が並んでます!

また、たこ焼き、イカ焼き、
焼きとうもろこし、かき氷、ラムネなど、
定番のものは概ね揃っていますし、
子共に人気がある金魚すくいやクジ引きもあります。

おいしい物を食べながら花火鑑賞もいいですね。

常総きぬ川花火大会の穴場スポットは?


迫力ある花火を見るなら、有料席が一番です。

でも有料席のチケットを確保できない場合もあります。

そこで、ここでは

常総きぬ川花火大会の穴場スポットを紹介していきます。

■ 富岡運動場脇
周辺地図になります。

富岡運動場は協賛者観覧エリアになっています。

その脇になりますので、

花火観賞には最適の穴場スポットです。

迫力ある花火を楽しんでくださいね。

ただ注意点があります。

花火会場周辺は交通規制がありますので

車を利用する場合は、早めの行動をおすすめします。

■ 354号線を南に超えた周辺
周辺地図になります。

花火会場から少し離れていますが

綺麗に花火を見ることができます。

それに

人混みも少なく

ゆったりと花火を鑑賞することができます。

交通規制もありませんので

車を利用する場合にはおすすめの穴場ですね。

まとめ


今回は

常総きぬ川花火大会の日程と屋台情報、

有料席や見どころや穴場スポットを紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

常総きぬ川花火大会には

オープニングからフィナーレまで見どころがたくさんあります。

ぜひ、常総きぬ川花火大会を楽しんでくださいね!

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 - 花火大会

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

モエレ沼花火大会2017日程とチケットや穴場スポット3選

秋の札幌の花火大会といえば、モエレ沼花火大会です。 芸術の秋の花火を楽しみたいと …

足利花火大会の有料席と穴場スポット3選!2018の日程は?

足利花火大会は1903年(明治36年)に始まり 100年の歴史と伝統がある花火大 …

全国新作花火競技大会2017日程と有料席や穴場スポット3選

全国新作花火競技大会は諏訪湖花火大会と同様、 長野県諏訪市を代表する二大花火大会 …

成田花火大会2018日程と駐車場や有料席や穴場スポット3選

成田花火大会は千葉県成田市で開催され、 正式名称を「NARITA花火大会in印旛 …

隅田川花火大会2017の日程と見どころや穴場スポット3選

隅田川花火大会は 1733年の江戸時代から始まった 伝統と歴史のある花火大会にな …

熊野花火大会2017の日程と有料席や駐車場や穴場スポット

熊野花火大会は 三重県熊野市の花火大会で、 250年から300年の古い歴史や伝統 …

片貝花火大会の穴場3選!2018の日程に桟敷席や駐車場情報を紹介

片貝花火大会は新潟県小千谷市で2日間開催されます。 1891年(明治24年)に初 …

赤川花火大会のチケットと穴場3選!2018の日程に駐車場は?

赤川花火大会は山形県鶴岡市で開催され 山形県の中でも最大級の規模を誇り、 201 …

関門海峡花火大会2017の日程と有料席や見どころや穴場4選

関門海峡花火大会は 福岡県北九州市と山口県下関市の関門海峡の両岸で 合同開催され …

川北花火大会2019日程とシャトルバスや有料席や穴場3選

川北花火大会は 石川県の能美郡川北町で開催され、 正式名称を「川北まつり北國大花 …