お役立ち情報ナビ

日常生活を快適に送るためのお役立ち情報やアドバイスを配信中!

赤川花火大会のチケットと穴場3選!2018の日程に駐車場は?

      2018/04/11

赤川花火大会は山形県鶴岡市で開催され

山形県の中でも最大級の規模を誇り、

2015年には日本の花火100選でベスト10入りした花火大会です。

今回は赤川花火大会2018の日程や見どころ、

有料席のチケットや穴場スポット、駐車場や混雑時間を紹介していきます。

スポンサーリンク

赤川花火大会の有料席チケット情報

赤川花火大会では有料席のチケットが販売されています。

迫力ある花火をゆったりと鑑賞するなら有料席が一番です。

昨年も多くの人出がありましたが、指定席なら場所取りは不要です。

そこで、ここでは、赤川花火大会の有料席のチケットを紹介していきます。

ただ、まだ公式の発表はありませんので昨年の実績になります。

■ 申込開始日
2017年7月1日(土)10:00

■ 有料席の種類・料金
・SA席
料金:23,000円
定員:6名

・A席
料金:17,000円
定員:6名

・SB席
料金:15,000円
定員:6名

・B席
料金:11,000円
定員:6名

・スーパーカップル席(SC席)
料金:12,000円
定員:2名

・カップル席(C席)
料金:10,000円
定員:2名

・イス升席(P4席)
料金:11,000円
定員:4名

・イス升席(P2席)
料金:7,000円
定員:2名

・イス升席(P1席)
料金:3,500円
定員:1名

・升席(F席)
料金:6,000円
定員:4名

■ 申込方法
公式のホームページにて申込受付ができます。

有料席のチケットは売り切れ次第終了となりますので

必要な場合は、早めに申込むことをおすすめします。

スポンサーリンク

赤川花火大会の穴場スポット3選

上記で有料席のチケットにつて紹介しましたが、

中には有料席のチケットを確保できない場合もあります。

なので次は、赤川花火大会の穴場スポットを紹介していきます。

鶴岡市立朝陽第五小学校のグラウンド

周辺地図になります。

・アクセス
JR鶴岡駅から徒歩20分

花火大会当日は

朝陽第五小学校のグラウンドが開放されます。

グランドは花火の打上げ場所の正面になりますので、

花火鑑賞には最適の穴場スポットです。

鶴岡東公園

周辺地図になります。

・アクセス
JR鶴岡駅から徒歩20分

鶴岡東公園は先ほど紹介した

朝陽第五小学校のすぐ近くにあります。

こちらも綺麗に花火が見える穴場スポットです。

三川橋周辺

周辺地図になります。

・アクセス
JR鶴岡駅から徒歩20分

三川橋周辺は人混みも比較的少なく

ゆっくり花火を見ることができる穴場スポットです。

また花火会場から近く、迫力ある花火を楽しめます。

赤川花火大会2018の日程や詳細情報

赤川花火大会2018の日程や詳細情報を紹介していきます。

・打上げ数
約1万2000発

・例年の人出
約35万人

・開催日時
昨年は2017年8月19日(土)19:15~21:00でしたので、
今年は2018年8月18日(土)19:15~21:00と予想します。

荒天の場合は
昨年は2017年8月20日(日)に延期でしたので、
今年は2018年8月19日(日)に延期されると予想します。

・打上げ場所
山形県鶴岡市 / 赤川河畔(羽黒橋~三川橋)

周辺地図になります。

・アクセス
JR鶴岡駅から徒歩30分
山形道鶴岡ICから車で15分

・見どころ

赤川花火大会の一番の見どころは

なんといっても花火師が誇りをかけて競い合う

「全国デザイン花火競技会」になります。

創意工夫されたデザインの花火は

他の花火大会ではなかなか見ることができないほどです。

また、フィナーレの幅700mにもなるワイドな花火は圧巻の一言です。

赤川花火大会の駐車場や混雑時間

赤川花火大会に車で行く場合は必ず駐車場が必要になります。

赤川花火大会では専用駐車場が用意されています。

駐車場は花火会場の最寄り駅であるJR鶴岡駅周辺に点在しております。

JR鶴岡駅周辺地図になります。

駐車料金:無料~2,000円

収容台数:約2800台

駐車場の収容台数は2800台ありますが、

例年の人出は約35万人もあり、駐車場は足りていません。

さらに2015年は日本の花火100選でベスト10入りをしたので

より混雑することが予想できます。

駐車場の混雑する時間は、お昼過ぎには混雑し、

空いている駐車場を探すことも大変です。

なので車で行く場合は、午前中に現地入りすることをおすすめします。

そうすれば混雑を避けることができますし、おそらく駐車することができます。

いずれにしても、時間には余裕をもって早めに行動することが大切です。

赤川花火大会のチケットと穴場3選!2018の日程に駐車場まとめ

今回は赤川花火大会2018の日程や見どころ、

有料席のチケットや穴場スポット、駐車場や混雑時間を紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

赤川花火大会は

2015年に日本の花火100選でベスト10入りした

花火大会で、魅力満載です。

ぜひ、赤川花火大会を楽しんでくださいね。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 - 花火大会

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

熱海海上花火大会の日程2016と見どころや穴場スポットを紹介

熱海海上花火大会は 1952年から続いている伝統ある花火大会で 春、夏、秋、冬と …

鹿嶋市花火大会2017日程とシャトルバスや穴場スポット3選

鹿嶋市花火大会は茨城県鹿嶋市で開催され 北浦湖から約1万発の花火が打ち上げられる …

土浦花火大会2017日程と桟敷席のチケットや穴場スポット3選

茨城県土浦市で開催される土浦花火大会は 日本三大花火大会の一つであります。 歴史 …

葛飾花火大会2017の日程と有料席や見どころや穴場スポット

葛飾花火大会は東京都葛飾区で開催され、 今年で51回目を迎える歴史ある花火大会で …

有明海花火フェスタ2017日程と駐車場やシャトルバスや有料席

有明海花火フェスタは福岡県柳川市で開催され 今年で19回目を迎えますが、まだまだ …

琵琶湖花火大会2017日程と観覧席や穴場スポットや見えるホテル

琵琶湖花火大会は琵琶湖の風物詩です。 例年、約35万人の人出があり、 関西でも人 …

田辺花火大会2018の日程と駐車場や穴場スポット2選

田辺花火大会は和歌山県田辺市で開催され 例年の人出は約4万人あり、全国でも数少な …

釈迦堂川花火大会の有料観覧席と穴場3選!2018の日程は?

釈迦堂川花火大会は福島県須賀川市で開催され 毎年の人出も多く福島県の中でも最大級 …

江戸川花火大会2017の日程と見どころや穴場スポット3選

江戸川花火大会は 東京都江戸川区と千葉県市川市で同時に開催される とても大きな規 …

全国新作花火競技大会2017日程と有料席や穴場スポット3選

全国新作花火競技大会は諏訪湖花火大会と同様、 長野県諏訪市を代表する二大花火大会 …