お役立ち情報ナビ

日常生活を快適に送るためのお役立ち情報やアドバイスを配信中!

淀川花火大会2017の日程と有料席や見どころや穴場スポット

      2017/06/21

淀川花火大会は大阪の夏の風物詩です!

平成元年に市民のボランティアによって

開催された花火大会で今年で29回目になります。

例年、約41万人の人出があり

大阪の中でも人気がある花火大会です。

そんな

淀川花火大会2017の日程と

有料席や見どころや穴場スポットを紹介していきます。

スポンサーリンク

淀川花火大会2017の日程は?


淀川花火大会2017の日程などの詳細情報を紹介します。

・打上げ数
非公開

・例年の人出
約41万人

・開催日時
2017年8月5日(土)19:40~20:40

雨天の場合は決行されます。

荒天の場合は中止になります。

・打上げ場所
大阪府大阪市淀川区
新御堂筋淀川鉄橋から下流、国道2号線までの淀川河川敷

阪急十三駅から徒歩15分(十三会場)
阪急梅田駅・JR大阪駅・地下鉄梅田駅から徒歩25分(梅田会場)

周辺地図になります。

・駐車場
駐車場はありません。

淀川花火大会の有料席情報


毎年、淀川花火大会では有料席のチケットが販売されます。

迫力ある花火を間近で見ることができるのは有料席になります。

また、有料席エリアには売店やトイレが用意されていますので

快適に過ごすことができます。

そこで、ここでは

淀川花火大会の有料席情報を紹介していきますね。

■ 販売開始日
2017年6月1日(木)

■ 有料席の種類
◎十三会場
・エキサイティングシート
前売:大人9,000円/子供5,000円
当日:なし
・アリーナシート
前売:大人7,000円/子供4,000円
当日:大人8,000円/子供5,000円
・ステージシート
前売:大人9,000円/子供5,000円
当日:なし

◎パノラマスタンド
・ライトスタンド1
前売:大人3,500円/子供2,000円
当日:なし
・ライトスタンド2
前売:大人3,500円/子供2,000円
当日:大人4,000円/子供2,500円
・ライトスタンド3
前売:なし
当日:大人4,000円/子供2,500円
・レフトスタンド1
前売:大人3,500円/子供2,000円
当日:なし
・レフトスタンド2
前売:大人3,500円/子供2,000円
当日:大人4,000円/子供2,500円
・レフトスタンド3
前売:なし
当日:大人4,000円/子供2,500円

◎夏ぴあシート
・S
前売:5,000円
当日:なし
・A
前売:4,500円
当日:なし

◎イープラス間近で観覧エリア
・S
前売:5,000円
当日:なし
・A
前売:3,000円
当日:なし

◎納涼船
前売:大人18,000円/子供10,000円
当日:なし

◎梅田会場
前売:大人4,500円/子供2,500円
当日:大人5,000円/子供3,000円

◎ダイナミックシート
前売:大人2,500円/子供1,500円
当日:大人3,000円/子供2,000円

◎セブンイレブンシート
前売:5,000円
当日:なし

■ 申込方法
ローソンチケット、チケットぴあ、チケ探、
セブンチケット、イープラスにて申込受付をすることができます。

では次に

淀川花火大会の見どころを紹介していきます。

スポンサーリンク

淀川花火大会の見どころは?


まずオープニングの音楽に合わせた花火でスタートし、

淀川花火大会の代名詞である水中花火は見どころの一つです。

花火が夜空と水面に開く瞬間は、迫力があり美しいです!

そして、なんといっても

一番の見どころはグランドフィナーレです!

ボリューム満点で圧巻の一言です。

淀川花火大会の穴場スポットは?


有料席のチケットを確保できなっかり、

ゆっくりと花火を楽しみたい場合もありますよね。

そこで、ここでは

淀川花火大会の穴場スポットを紹介していきます。

■ 淀川河川敷
周辺地図になります。

・アクセス
阪急神戸線中津駅から徒歩7分
阪急宝塚線中津駅から徒歩7分
地下鉄御堂筋線中津駅から徒歩10分

最近はここで花火を見る人が増えていますが

ゆっくりと座って花火を見れることが最大の魅力です。

また打上げ場所からも近いので

迫力ある花火を楽しめる穴場スポットです。

ブルーシートなどをもっていくといいでしょう。

■ 本庄公園
周辺地図になります。

・アクセス
地下鉄御堂筋線中津駅から徒歩11分

ここからでも花火は綺麗に見えますし、

ゆっくりと花火を見ることができる穴場スポットです。

まとめ


今回は

淀川花火大会2017の日程と

有料席や見どころや穴場スポットを紹介しました。

淀川花火大会は

スタートからグランドフィナーレまで

ボリューム満点の花火大会です!!

ぜひ

大阪という大都市を彩る花火ショーを

満喫してくださいね!

最後に

淀川花火大会には多くの人出が訪れます。

なので、かなり混み合うことが予想されます。

時間には余裕をもって行動しましょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 - 花火大会

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

宇都宮花火大会2018有料席や穴場スポット3選を紹介

宇都宮花火大会は 栃木県宇都宮市で開催され、 その運営の中心はボランティア団体と …

金沢まつり花火大会の屋台や穴場スポット3選!2018の日程は?

金沢まつり花火大会は神奈川県横浜市で開催され、 観光スポットである八景島や野島公 …

大曲花火大会2017の桟敷席の予約方法は?値段や持ち物は?

大曲花火大会は 1910年から続いている 伝統ある花火大会なんです! 1910年 …

鹿嶋市花火大会2017日程とシャトルバスや穴場スポット3選

鹿嶋市花火大会は茨城県鹿嶋市で開催され 北浦湖から約1万発の花火が打ち上げられる …

関門海峡花火大会2017の日程と有料席や見どころや穴場4選

関門海峡花火大会は 福岡県北九州市と山口県下関市の関門海峡の両岸で 合同開催され …

田辺花火大会2018の日程と駐車場や穴場スポット2選

田辺花火大会は和歌山県田辺市で開催され 例年の人出は約4万人あり、全国でも数少な …

香椎浜花火大会2018の日程と駐車場や穴場スポット3選

香椎浜花火大会は福岡県福岡市東区で開催され 正式名称を「FUKUOKA東区花火大 …

ふじさわ江の島花火大会2018日程と駐車場や有料席や穴場3選

ふじさわ江の島花火大会は神奈川県藤沢市で 10月の秋に開催される全国でも数少ない …

石和温泉花火大会2018の日程と有料席や穴場スポットや屋台情報

石和温泉花火大会は 正式名称を「笛吹市夏祭り石和温泉花火大会」といい 関東の中で …

猪名川花火大会2017の日程と駐車場や有料席や穴場スポット3選

猪名川花火大会は 兵庫県川西市と大阪府池田市の合同で開催され 1948年(昭和2 …