お役立ち情報ナビ

日常生活を快適に送るためのお役立ち情報やアドバイスを配信中!

いたばし花火大会2017の日程と有料席や穴場スポット3選

      2017/06/20

いたばし花火大会は

今年で58回目を迎えますが

歴史は古く、東京の中でも実力の高さは随一です。

都内最大級の尺五寸玉の花火や

関東最大級のナイアガラの滝など

見どころがたくさんある花火大会です。

今回は

いたばし花火大会2017の日程と見どころ、

有料席や穴場スポットを紹介していきます。

スポンサーリンク

いたばし花火大会2017の日程は?


いたばし花火大会2017の日程などの詳細情報を紹介します。

・打上げ数
約1万2000発

・例年の人出
約52万人

・開催日時
2017年8月5日(土)19:00~20:30

小雨の場合は決行されます。

荒天の場合は2017年8月6日(日)に延期されます。

・打上げ場所
東京都板橋区 / 板橋区 荒川河川敷

周辺地図になります。

・アクセス
JR浮間舟渡駅から徒歩20分

・駐車場
駐車場はありません。

いたばし花火大会の見どころは?


いたばし花火大会の見どころは

都内でも最大級の尺五寸玉の花火になります。

開花直径は360mにもなり、大迫力の花火が体感できます!

また、オープニングのワイドスターマイン

優秀な花火師10名による「芸術玉」はとても魅力があります。

それから

キャラクター花火

子供にとても人気があり見どころの一つです。

そして

フィナーレの関東最大級700mの「大ナイアガラの滝」

ラストを飾るワイドスターマインの「夜空の大万華鏡」

尺五寸玉も加わり迫力満点、圧巻の一言です!

ナイアガラの滝

夜空の大万華鏡

では次に

いたばし花火大会の有料席について紹介していきます。

いたばし花火大会の有料席は?


花火観賞をするなら有料席で

大迫力の花火を堪能するのがおすすめです。

そこで、ここでは

いたばし花火大会の有料席情報を紹介していきます。

有料席の一般販売は

2017年6月24日(土)からになります。

セブンイレブン、サークルKサンクス、チケットぴあにて

申込み受付ができます。

では、チケットの種類を紹介します。

・陸上競技場テーブル付き席
料金:28,000円
販売:4枚1組/1組まで

・陸上競技場イス席
料金:3,600円
販売:1枚ずつ/8枚まで

・陸上競技場グループ席
料金:28,800円
販売:8枚1組/1組まで

・プライムシート
料金:5,000円
販売:1枚すつ/8枚まで

・S席
料金:3,100円
販売:1枚ずつ/8枚まで

・グループS席
料金:24,800円
販売:8枚1組/1組まで

・A席
料金:2,600円
販売:1枚ずつ/8枚まで

・グループA席
料金:20,800円
販売:8枚1組/1組まで

・芝生斜面グループ
料金:20,800円
販売:8枚1組/1組まで

・ボックス席
料金:10,400円
販売:4枚1組/2組まで

・B席
料金:2,100円
販売:1枚ずつ/8枚まで

一番のおすすめ席は

なんといっても「陸上競技場」の席になります。

花火の打上げ場所から一番近く

さらに、専用ナイアガラの滝が設置されております。

チケットの販売は売り切れ次第終了します。

有料席のチケットを確保するためには、早めの行動をおすすめします。

スポンサーリンク

いたばし花火大会の穴場スポットは?


有料席のチケットを確保できない場合は

少しでもいいスポットで花火を見たいものですよね。

そこで、ここでは

いたばし花火大会の穴場スポットを紹介していきます。

■ 戸田競艇場周辺

周辺地図になります。

・アクセス
JR戸田公園駅から徒歩20分

花火会場から近く

迫力ある花火を堪能できます。

比較的混雑は避けられますので

穴場スポットとしておすすめです。

■ イオン板橋店の屋上

周辺地図になります。

・アクセス
東武東上線東部練馬駅から徒歩5分

花火会場からは4kmほど離れていますが

屋上からは打上げ花火が綺麗に見えます。

イオンは商業施設ですので

食べ物や飲み物を購入することができますし、

トイレもありますので、安心です。

■ 戸田公園漕艇場

周辺地図になります。

・アクセス
JR戸田公園駅から徒歩15分

有料席でないと見ることができない

ナイアガラの滝が見える穴場スポットです。

人気のスポットですので

早目の行動をおすすめします。

まとめ


今回は

いたばし花火大会2017の日程と見どころ、

有料席や穴場スポットを紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

いたばし花火大会には

都内最大級である尺五寸玉を筆頭に

たくさんの見どころがあります。

ぜひ、有料席で大迫力の花火を楽しんでくださいね。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 - 花火大会

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

平塚花火大会2018の日程と屋台情報や穴場スポット2選

平塚花火大会は 昭和26年に「須賀納涼花火大会」として始まり、 正式名称は「湘南 …

天神祭奉納花火2017の日程と特別観覧席や穴場スポット3選

天神祭は日本三大祭りの一つで 千年余りの歴史や伝統があり、 水の都大阪を代表する …

釈迦堂川花火大会の有料観覧席と穴場3選!2018の日程は?

釈迦堂川花火大会は福島県須賀川市で開催され 毎年の人出も多く福島県の中でも最大級 …

東松山花火大会2018の日程と駐車場や有料席や穴場2選

東松山花火大会は埼玉県東松山市で開催される市民参加型の花火大会です。 今回は東松 …

濃尾大花火2017の日程と駐車場やシャトルバスや穴場スポット

濃尾大花火は岐阜県羽島市と 愛知県一宮市の共同で開催される花火大会です。 そんな …

大濠花火大会2017日程と有料席や見どころや穴場スポット4選

大濠花火大会は 福岡の夏の風物詩として市民に親しまれており、 正式名称は「西日本 …

片貝花火大会の穴場3選!2018の日程に桟敷席や駐車場情報を紹介

片貝花火大会は新潟県小千谷市で2日間開催されます。 1891年(明治24年)に初 …

有明海花火フェスタ2017日程と駐車場やシャトルバスや有料席

有明海花火フェスタは福岡県柳川市で開催され 今年で19回目を迎えますが、まだまだ …

江戸川花火大会2017の日程と見どころや穴場スポット3選

江戸川花火大会は 東京都江戸川区と千葉県市川市で同時に開催される とても大きな規 …

淀川花火大会2017の日程と有料席や見どころや穴場スポット

淀川花火大会は大阪の夏の風物詩です! 平成元年に市民のボランティアによって 開催 …