お役立ち情報ナビ

日常生活を快適に送るためのお役立ち情報やアドバイスを配信中!

去年の年賀状でも交換はできる?期限や手数料はいくら?

      2016/11/28

12月にもなると年賀状を作成するかと思います。

その際、過去の年賀状を整理していると去年の未使用の年賀状が出てくることってよくありますよね。とはいえ、去年の年賀状を今年の年賀状として再利用するわけにはいきませんし、何かいい利用方法はないものでしょうか?

そこで、今回は、去年の年賀状でも交換はできるのか、交換に期限はあるのか、もし交換することができるのなら手数料はいくらかかるのかについて紹介していきます。

スポンサーリンク

去年の年賀状でも交換はできる?


去年の年賀状が未使用のまま残っているのなら、何かに使えないかと考えてしまいますよね。だって、何も使うことができなかったら、購入した分だけ損することになるわけですからね。

では、去年の年賀状でも交換することができるのでしょうか?

結論を言いますと、去年の年賀状は郵便局で交換することができるんです。

ちょっと、うれしくないですか?

使えないと思っていた去年の年賀状が、郵便局に行くだけで交換することができるわけですからね。

ただし、汚れていたり、切手の料金を表す部分が読み取れない場合は交換することができません。つまり、白紙で未使用のものや、書き損じしたはがきでも切手の料金を表す部分が読み取れれば交換することができます。

年賀状を交換する際は郵便局の方が交換できるかチェックしてくれますので、交換できるか迷う年賀状ても、郵便局に持っていくといいですよ。交換できたらラッキーですからね。

それで気になるのは、交換できるものですよね。

では早速ですが、去年の年賀状でも交換できるものを紹介していきますね。

・通常切手
・通常はがき
・往復はがき
・郵便書留
・特定封筒(レターパック)

去年の年賀状は上記のものと交換することができますので、あなたが普段使うものと交換するといいですよ。

ただ、残念なことに去年の年賀状では今年の年賀状に交換することはできないんですね。今年の年賀状に交換できれば最高なんですけどね。

年賀状の交換に期限はある?


上記では去年の年賀状は、通常切手や通常はがきなどに交換することができると紹介しましたが、実は年賀状には交換の期限はありません。

なので、去年の年賀状だけではなく、おととしの年賀状であったり、それ以前の年賀状であっても郵便局で交換することができるんですね。もし、古い年賀状を持っているなら、郵便局で交換することをおすすめします。

ただ、年賀状を交換するには手数料がかかりますので、その点は確認しておく必要がありますね。

スポンサーリンク

年賀状の交換には手数料はいくらかかる?


先ほど紹介しましたが、年賀状を交換するためには手数料がかかるわけですが、その手数料金額は1枚5円になります。

例えば、あなたが20枚の年賀状を交換しようとします。

その場合の手数料ですが
5円×20枚=100円となります。

また、年賀状は1枚52円になりますので金額に換算すると
52円×20枚=1,040円となります。

1,040円から手数料の100円を差し引くと
1,040円-100円=940円になります。

ゆえに、940円分の以下のものと交換することができます。

・通常切手
・通常はがき
・往復はがき
・郵便書留
・特定封筒(レターパック)

今年の年賀状は交換できる?


今年の年賀状を書き損じた場合も、去年の年賀状と同様に交換することができます。

交換できるものは以下の通りです。

・通常切手
・通常はがき
・往復はがき
・郵便書留
・特定封筒(レターパック)
・今年使える年賀状

うれしいことに、今年の年賀状であれば今年使える年賀状と交換してくれます。ただし、今年の年賀状同士の交換には期限が設けられており、年賀状の販売開始日から販売期間終了日までになります。それから、手数料も1枚5円かかります。

年賀状を喪中で交換したい時は?


年賀状を購入した後に、喪中になることがありますよね。そうなると、年賀状を出すことはできません。でも、喪中であれば郵便局で無料で交換してくれます。

交換できるものは以下の通りです。

・通常切手(喪中用切手を含む)
・通常はがき
・往復はがき
・郵便書留
・特定封筒(レターパック)

ただし、期限が設けられており、年賀状の販売開始日から販売期間終了日までになります。喪中であれば無料で交換してもらえますので、期限内に交換することをおすすめします。

まとめ


今回は、去年の年賀状でも交換はできるのか、交換に期限はあるのか、もし交換することができるのなら手数料はいくらかかるのかについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

去年の未使用の年賀状が出てきたら、郵便局に持っていき、普段使うものと交換するといいですよ。また、今年の年賀状を書き損じた場合は、年賀状同士を交換することができますので、郵便局で交換することをおすすめします。

どちらも手数料は1枚5円かかりますが、交換した方が断然お得ですよね。

【年賀状関連記事】
年賀状の投函で輪ゴムを使おう!開始はいつから?期限はいつまで?
年賀状を処分する方法!溜まる前に整理しよう!風水的には?
年賀状は面倒だからやめたい!いらない場合の断り方を伝授!

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 - 年賀状 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

内定先に年賀状は出すべき?宛名は?喪中の場合はどうする?

師走になると年賀状の準備をするかと思いますが、今年就職活動をして企業から内定をも …

年賀状を処分する方法!溜まる前に整理しよう!風水的には?

毎年元旦になると年賀状が届き、どんどん溜まる一方ですよね。 確かに年賀状が届くと …

年賀状の投函で輪ゴムを使おう!開始はいつから?期限はいつまで?

今年も年賀状を書く季節になりましたよね。 書くといっても、最近では、ほとんどがパ …

年賀状は面倒だからやめたい!いらない場合の断り方を伝授!

年賀状なんか面倒だからやめたいけど、今までのお付き合いもあるので、やめたいことを …