お役立ち情報ナビ

日常生活を快適に送るためのお役立ち情報やアドバイスを配信中!

辛い痛み大丈夫?ひどい生理痛の原因と緩和方法をわかりやすく紹介

   

生理痛、辛いですよね。

まったく痛みがないという方、
羨ましいかぎりです。

でも世の中の女性のほとんどが、
少なからず生理痛に
悩まされているのではないでしょうか。

生理の前後は普段なんとも思わないことを、
敏感に感じてしまい、
ちょっとしたことでイライラしてしまったり・・・

頭や腰やお腹が痛くなって、
一日憂鬱な気分になる日もありますよね。

生理痛の痛みの原因は
ひとつではありません。

原因について、そして生理痛を
少しでも緩和できる方法を
紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

2つの女性ホルモン・体の冷え・骨盤の歪みが生理痛の要因


・2つの女性ホルモン
エストロゲン(卵胞ホルモン)と
プロゲステロン(黄体ホルモン)
の濃度が急激に変化するため、
といわれています。

・体の冷え
生理痛は、血流とも関係があり、
血流が悪くなると、生理痛は
ひどくなる傾向にあります。

血流が悪くなる原因には、
体を冷やすこと以外に、
精神的にストレスが
溜まることによってもあります。

生理前後は、もちろんのこと
日常生活でも体を冷やさないように。

なるべくストレスをためないように
心がけたいですね。

・骨盤の歪み
意外と知られていないのが、
骨盤の歪みによっても
生理痛がひどくなるということです。

生理周期に合わせて骨盤は開閉し、
それによって女性ホルモンの
分泌などが行われます。

しかし、骨盤の歪みによって、
女性ホルモンの分泌が正常に行われず、
それが痛みの原因になっている
可能性があるのです。

そのほかに、子宮の圧迫や、
骨盤の血管が圧迫されることによる
血液循環の滞りによっても、
生理痛は起こります。

・正しい姿勢を保つ
足を組んで座ったり、猫背、
お腹を前に出して歩くなど。

座り方や、歩き方によって、
生理痛をひどくしているケースが
実は意外と多いのです。

逆に考えると、これを改善すると、
生理痛も緩和されるということですね。

一度、自分の姿勢を
見直してみてください。

・精神的なもの
「生理痛は痛いもの」
という一種の思い込みで、
実際の痛み以上に痛みを
感じてしまうことがあります。

また生理中は、
気分が落ち込みやすく、
その精神状態が痛みを
助長させる原因にもなります。

スポンサーリンク

冷えると子宮が収縮しやすくなるので血行をよくして体を温めましょう


昔、お母さんに
「女の子は体を冷やしちゃだめよ」
と言われたことが何度かありました。

そのときはまだ、
その言葉の重要さが
わかりませんでした。

冷えは万病のもとと言われていますが、
女性は特に冷えには
気をつけなければなりません。

なぜなら子宮は
とっっっても冷えに弱いからです。

先ほどもお話したとおり、
冷えによって骨盤の血管の流れが滞る、
生理の経血の流れが滞るのです。

滞っているのに、
一生懸命経血を流そうとし、
子宮圧迫するため、
辛い生理痛が起こるというわけです。

生理痛がひどい時に
カイロなどで腰やお腹を温めると、
痛みが和らぐことがありますよね。

血流がよくなるために、
生理痛が緩和されているためです。

血流が滞っているために
起こっている生理痛は、
冷えを改善することによって
改善が期待できます。

体を冷やさないような対策を
心がけてくださいね。

■ 生理痛だけじゃない?冷やしてはダメな理由

・生理不順
体が冷えることによって、
ホルモンを分泌する卵巣の働きが
悪くなります。

そのため正常に女性ホルモンの分泌が行われず、
生理不順が起きることが考えられます。

この場合、生理が遅れるという傾向にあるため、
生理が遅れるという方は注意が必要です。

・不妊の原因
女性として一番恐ろしいのが、
冷えは不妊の原因にもなるということです。

たかが冷え。
されど、冷えなのです。

体が冷えると、
排卵しづらくなります。

さらに冷えによる血行不良により、
本来たくさんの栄養を必要とする子宮が
栄養不足になります。

その結果、
受精卵が着床しづらくなる、
妊娠しづらくなります。

体を温めてくれる効果がある食事、
例えばしょうが等を
食事に取り入れてみたりしてください。

薄着をなるべく避けたり、体を冷やさず、
芯から体を温めてあげるようにして
あげてください。

まとめ


生理痛には、日常生活の中に
痛みを助長している原因がある、
ということがお分かり頂けたと思います。

特に夏場は、体を冷やしちゃいけない、
と思いながらも、
冷たい飲みものを飲んでしまいます。

薄着をして、
クーラーで体を冷やしてしまったりも
やってしまいがちです。

将来子供を授かりたいと思っている方は、
特に気をつけてくださいね。

生理痛は辛いですが、
自分次第で緩和できる可能性が高いのです。

約1ヶ月に1回やってくる生理痛を
できるだけ軽減して、
うまく付き合っていきたいものです。

スポンサーリンク

 - 生活の知恵

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

部屋が乾燥する理由は?加湿器以外で簡単に対策する方法8選

冬になると寒さと同様に部屋の乾燥にも悩まされますよね。 スポンサーリンク 部屋の …

返信用封筒で行か宛どちら?差出人の書き方や切手料金は?

学生生活が終了し社会人になりますと、まず最初に新入社員研修があり覚えることがたく …

血糖値は下げるだけじゃ無駄!安定させるには玉ねぎや○○を試すべき

年齢とともに気になる血糖値。 あなたは、自分の血糖値が どのくらいかご存知ですか …

ジョギングダイエットで痩せない30代必見!原因と効果的な5つの方法

様々なダイエット法がありますが、 お金をかけずに誰でも行うことができる、 と言え …

こたつで寝ると風邪をひく理由とは?危険な病気が潜んでる?

木枯らしが吹き、季節も秋から冬になりましたね。 我が家では寒さに耐えかねて、こた …

土踏まずの痛みは病気の予兆?炎症や腫れ痛風の初期症状を詳しく検証

土踏まずが痛くなって、 なかなか痛みがおさまらない。 こんな症状に、心あたりはあ …

無認可保育園の料金は月10万円?それでも行かせる価値がある園もある

無認可の保育園が、 ここ数年ずっと話題となっていますね。 あなたが住んでるところ …

リップクリームを塗っても唇が乾燥する原因と塗り方や使用期限

冬になると湿度は低くなり空気が乾燥する季節になります。 空気が乾燥すると肌だけで …

実は猫舌の人なんていないという事実!?悩んでいるあなたが解決する方法

猫舌の人は飲食店に行っても 食べたいメニューを選ぶことができない。 例えばアツア …

読書感想文の書き方!小学生低学年なら親が手伝うのはあり?

夏休みの宿題は順調ですか? 小学生低学年のお子さんがいらっしゃる親にとって夏休み …